あなたがホッと安心するために!高齢の親にできること。

親と離れて暮らして数十年。顔を合わせたり、連絡を取ることも少なくなっていませんか?

☑今、どう暮らしているのだろう。
☑話し相手はいるのかな。
☑ひとりぼっちで、寂しい思いをしていたらどうしよう。

でも、まだ介護が必要な状態ではない。子供としてして今、してあげられることはないでしょうか?

一人暮らし高齢者の増加

一人暮らしの高齢者は 年々増加しています。
また、高齢者は、身体の痛みや動かしづらさなどから、外出せず自宅にこもりがちになる傾向にあります。 そういった状態が体力や認知機能の低下につながり、できないことが増え、抑うつ的になり、という悪循環を引き起こすというデータもあります。

案外いいかも? 介護保険サービス。

日本では2000年4月1日から始まった介護保険サービスが制度化されています。
ここで介護保険サービスについて簡単に説明します。

介護サービスは大きく分けて2つのサービスがあります。

●自宅で生活しながら使えるサービス
(施設に通って利用する通所リハビリ等・自宅で利用。訪問サービス等)

●自宅から移住して利用できるサービス
(特別養護老人ホーム/老人保健施設)

があります。 個人のライフスタイルに合わせて介護保険制度を使うことが出来ます。
自己負担は所得に応じて1割から3割です。 要介護度のレベルに応じて使えるサービスの量に枠はありますが、制度のもと実施されています。

介護者の葛藤もある!? 介護保険サービス

ただ、制度のもとに実施されているサービスであるために、希望にあった柔軟な対応が、出来ないこともあります。

利用者ひとりひとりのオリジナルな要望や困りごとに対応したいが、全ての希望に応じられないこともあり、介護者は葛藤の日々を送ることもあります。

面白い経歴を持っていたり、趣味ややってみたい事があっても、時間に成約があり、個性を活かせず、悔しい気持ちを抱える事もあります。

豊かで、柔軟なサービスってどんな形だろう?

介護度が高く、医療的な措置などが必要になれば、介護 サービスを利用されるのをおすすめします。
しかし、介護も必要はなくある程度生活もアクティブに出来る方には、 介護保険外サービスの検討 もおすすめです。

その層の方に対して、必要な事というのは、 豊かで柔軟な場 人との繋がり ではないでしょうか。

一緒に悩み考え、一緒に実行し思いを共有するような場と人がいることが大切です。


繋がりというのは、安心や充足感が生まれ、 日々楽しく過ごせるキッカケに繋がります

必要な支援を考え、提供できるTayoryという介護保険外サービス

Tayoryは会話型のサービスです。先ほど述べたように、介護保険を利用前の方を対象としております。 利用者や家族の人生背景や趣味や考え等をアルバム等見ながら会話を行います。また一緒に趣味活動を行う等、柔軟な支援を行います。 親がどうなっているか不安な方へ、ほっとするために 詳しくはTayoryをご参照ください。

離れて暮らす、親のために、私ができること。
笑顔でつながる見守りサービスTayory(タヨリー)

介護予防や生活支援を目的とした介護保険サービスでは解決できない困りごと。Tayoryは、長寿とともに、笑顔で暮らせる毎日を叶える見守りサービスです。

①介護・福祉の専門家も揃う「まごマネージャー」が定期的に関わります。
②ご本人の興味・関心を最大限に尊重、地域コミュニティへのつなぎ役になります。
③ご用の代行や付き添いも気軽にお任せください。
④細かなご要望も、安心してご相談いただけるサポート体制をご用意しています。
 
一人で抱えずに優しい繋がりがあふれる社会へ

まずは、無料個別相談会、
無料体験をお試しください。

ご不明点があれば、
LINEからもお問い合わせできます。

会社情報

会社名
NPO法人ソンリッサ
代表
萩原 涼平
住所
〒371-0232
群馬県前橋市茂木町270番地71
定休日
土日・祝日
運営時間
9:00〜19:00
電話番号
090-5205-4244