高齢者が生きがいを持って生活すること

離れた故郷に一人親を持つ子供世代の私たちにとって、「今何をしているのだろうか。」「どんな生活を送っているのだろうか。」「人との繋がりはあるのだろうか。」と、親がどのように生活を送っているか気になるものです。

生き生きと生活してほしい、そう願う子供世代の方々へ、「生きがい」とは何か、「生きがい」を持つと人はどう変わるのか、一緒に考えてみましょう。

生きがいをもって生活するということ。


「あなたの生きがいは何ですか?」

と急に質問されたら、返答に困る方が多いのではないでしょうか。おそらく知らない間、一日の中に自分にとって価値のある事(生きがい的な行い)が含まれているからでしょうか。だから答えを探すのに時間がかかってしまう。

仕事をすること。家族と御飯を食べること。風呂に入ること。好きなレコードを聴くこと。パートナーと会話をすること。ビールをグラスで飲むこと。思えばとても大事で楽しかったり、時には切ないような、何とも掴みどころがないのが、「生きがい」のように思えます。

ただ普通の生活を送ることに、ある程度の充実感を得ながら送れています。それは生きがいを持って、日々不自由なく生活できているからではないでしょうか。

自分にとって大事なこと、好きなこと、切ないけどやりたい事を行い日々過ごしている。感情が落ち着かないこともありますが、それが生きがいをもって生きるということのように思います。

生きがいや希望をもつ人、もっていない人の違い?

私は作業療法士というリハビリの専門職で働いています。現場は通所リハビリ(介護保険サービス)で家から通われてくる方々に関わらせていただいています。初めてサービスを利用される方には「変な質問ですがあなたの趣味や生き甲斐等はありますか?」といった質問を必ずします。

大体の返答が「特にないです」「この身体ではね、なにもできないよ」と答える方が多いです。そういった方のデイの様子や生活の傾向を見ていると、基本的には受動的な姿勢で自ら進んで発信することなく、おとなしい様子が伺えました。ただそれが悪いというわけではありません。

しかし一方では、「ショッピングモールで買い物がしたいから、ある程度歩けるようになりたい」や「両肩人工骨で両足もうまく動かないけど、散歩はしたいし、出来る範囲の家の家事も手伝いたいから、なんとかしてくれ!」 といった明確な目標や希望をもってサービスの利用が開始となる方にも時々出会います。

そういった希望を持っている方は、よく質問されてきます。家でどんな体操をすればいいのか?どこの部分がわるいのか?など自主練習も積極的に行っています。自発的な動きが非常に多く生活でも前者に比べて活動範囲が広い印象を持ちます。

そして、そのような希望や意思がある方は、自分のやりたい事に向けて日々忙しく、又楽しそうに生きているのです。

離れて暮らす、親のために、私ができること。
笑顔でつながる見守りサービスTayory(タヨリー)

介護予防や生活支援を目的とした介護保険サービスでは解決できない困りごと。Tayoryは、長寿とともに、笑顔で暮らせる毎日を叶える見守りサービスです。

①介護・福祉の専門家も揃う「まごマネージャー」が定期的に関わります。
②ご本人の興味・関心を最大限に尊重、地域コミュニティへのつなぎ役になります。
③ご用の代行や付き添いも気軽にお任せください。
④細かなご要望も、安心してご相談いただけるサポート体制をご用意しています。
 
一人で抱えずに優しい繋がりがあふれる社会へ

まずは、無料個別相談会、
無料体験をお試しください。

ご不明点があれば、
LINEからもお問い合わせできます。

会社情報

会社名
NPO法人ソンリッサ
代表
萩原 涼平
住所
〒371-0232
群馬県前橋市茂木町270番地71
定休日
土日・祝日
運営時間
9:00〜19:00
電話番号
090-5205-4244