離れて暮らす高齢になった親を喜ばせる3つの方法

日々あくせくしながら働き、結婚して子どもも出来た。年を重ねるに連れ、仕事は増え付き合いも増えていく。いつしか気づかぬうちに親が高齢になった。離れて暮らす親は心配だが、介護保険もよくわからない。認知症になったらどうしよう。周囲との関わりはどのようにしているのか。今、何に興味があるのか。外出はしているのか…

年をとった親の心配は子ども世代なら誰しも共感するところが多いのではないでしょうか。今日の記事は「離れて暮らす親を喜ばせる3つの方法」と題して、簡単にできる「親孝行」のキーワードを掲載します。

ー離れて暮らす高齢になった親を喜ばせる3つの方法ー

① 直接会いに行く
やはりなんといっても直接会いに行くのが一番喜ばれると思います。元気な顔を見せることで親は安心します。お孫さんがいる場合、お孫さんの成長を見るのが一番嬉しいという声も多いです。直接会いに行って近況報告をしたり、最近どのような事に興味があるのかなどを聞いたりしてみても良いかもしれません。

普段照れくさくて言えない感謝の言葉を帰り際に言うことで、良好な関係を継続できるかもしれません。年に数回、後悔しないうちに直接言える言葉は伝えておきましょう。

②旅行をする・旅行をプレゼントする
離れて暮らす親と、年に一回くらいは一緒に旅行をしてみると良いかもしれません。親子水入らずの会話で、知らなかったことが知れるかもしれません。また夫婦での旅行もなかなかしないといった方には旅行券をプレゼントすることも良いと思います! 弊社がある群馬県は温泉の名地。伊香保温泉であれば東京から新幹線90分。都内からのアクセスもよいので、小旅行などにいかがでしょうか。

③プレゼントを渡す
仕事が忙しく、なかなか会えない人や、旅行する時間もない方はプレゼントを渡すと良いでしょう。父の日や母の日、当の本人たちも忘れている結婚記念日などは喜ばれる事間違いなし!

ーTayoryでは親孝行に繋がるサービスを多数用意しておりますー

実家が遠く、コロナ禍でなかなか会いに行けない2021年。離れて暮らす家族の代わりにTayoryスタッフが定期的な関わりを行います。
離れて暮らす親御様への親孝行の一つの手段として是非検討ください。

離れて暮らす、親のために、私ができること。
笑顔でつながる見守りサービスTayory(タヨリー)

介護予防や生活支援を目的とした介護保険サービスでは解決できない困りごと。Tayoryは、長寿とともに、笑顔で暮らせる毎日を叶える見守りサービスです。

①介護・福祉の専門家も揃う「まごマネージャー」が定期的に関わります。
②ご本人の興味・関心を最大限に尊重、地域コミュニティへのつなぎ役になります。
③ご用の代行や付き添いも気軽にお任せください。
④細かなご要望も、安心してご相談いただけるサポート体制をご用意しています。
 
一人で抱えずに優しい繋がりがあふれる社会へ

まずは、無料個別相談会、
無料体験をお試しください。

ご不明点があれば、
LINEからもお問い合わせできます。

会社情報

会社名
NPO法人ソンリッサ
代表
萩原 涼平
住所
〒371-0232
群馬県前橋市茂木町270番地71
定休日
土日・祝日
運営時間
9:00〜19:00
電話番号
090-5205-4244